不動産問題(明渡し・賃料回収)

こんな時はぜひご相談ください

  • 2か月以上家賃の支払いを滞納されている
  • 滞納家賃を請求しているが,借主と連絡がとれない
  • 滞納家賃の回収を管理会社に頼んだが,なかなか回収できない
  • 借主が夜逃げしてしまった
  • 借主に早く出て行ってほしい

明渡し請求はスピードが勝負です

不動産オーナー様の悩みとして,空室の問題以上に家賃の滞納問題があります。なかなか借主と連絡がとれない,時間の経過とともに未払い賃料が増え損失が拡大している,借主が知らない誰かに転貸してしまったなど,オーナー様の悩みは尽きません。
このような場合には,一刻も早く弁護士に相談して,明渡し請求・訴訟・執行まで進めることが大切です。
当事務所では,ご依頼いただいた後直ちに借主に内容証明郵便にて賃貸借契約の解除と未払い賃料の請求通知を行い,任意交渉を開始します。任意交渉が困難であると判断した場合,直ちに訴訟を提起し,勝訴判決を取得後,明渡し強制執行を行います。
明渡し請求を行わずのんびりしていると,その間の未払い賃料が益々累積され,損害が拡大するばかりです。一刻も早くご相談していただき,新しい借主を入居させて正常化を図りましょう。

その他不動産問題も対応しています

建物明け渡し請求,未払い賃料回収以外にも,不動産に関係する諸問題のご相談を承っています。オーナー様からは地代増額請求,所有不動産の処分,借地問題などを,借主様からは立退き請求に対する対応などのご相談も承ります。
お気軽にご相談ください。

不動産問題の弁護士費用の目安

家賃滞納による建物明渡し請求(いずれも税抜額)

内容証明通知の発送から建物明渡しまで一式プラン35万円
個別プラン(一部だけでも対応可能です)内容証明通知の発送着手金10万円
訴訟提起~判決まで追加着手金20万円
明渡し執行申立追加着手金5万円
明渡しが成功した際の報酬金10万円

未払い賃料を回収した場合,回収報酬として得られた利益の15%を付加。

占有移転禁止の仮処分命令の申立てを要する場合:応相談

家賃滞納以外の理由による建物明渡し請求,その他不動産問題

事案に応じて別途お見積りをご提示します。

法律相談のご案内

面談は完全予約制です。

電話でのご連絡:03-3518-9975(相談受付時間 平日 9:00~18:00)

メールでの相談(24時間受付)

可能な限り対応いたします。時間外相談・当日相談・土日祝日相談。

平日18時以降はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。ご連絡いただければ原則翌日の午前中(土日の場合月曜午前中)にご返信いたします。

秘密厳守。離婚・不倫・法人のご相談は初回30分無料。

その他の業務は30分につき5000円(税別)

※受任に至った場合は相談料は報酬から差し引かせていただきます。

弁護士に相談するのが初めての方でも相談しやすい事務所です。

法律相談のご案内

面談は完全予約制です。

電話でのご連絡:03-3518-9975(相談受付時間 平日 9:00~18:00)

メールでの相談(24時間受付)

可能な限り対応いたします。時間外相談・当日相談・土日祝日相談。

平日18時以降はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。ご連絡いただければ原則翌日の午前中(土日の場合月曜午前中)にご返信いたします。

秘密厳守。離婚・不倫・法人のご相談は初回30分無料。

その他の業務は30分につき5000円(税別)

※受任に至った場合は相談料は報酬から差し引かせていただきます。

弁護士に相談するのが初めての方でも相談しやすい事務所です。

ページトップへ