刑事事件について

1 早めの対応が肝心です

刑事事件は、逮捕当初の弁護活動(起訴前弁護)が肝心とも言われています。当事務所では、ご依頼いただいたその日のうちに原則として接見に行きます。被害者と示談を要する場合も、早急に対応が必要です。不当な身柄拘束であれば迅速に捜査機関に申し入れ等を行います。

2 弁護士に依頼するメリットとは

弁護士に依頼された場合、弁護士はご本人(起訴前は被疑者、起訴後は被告人)の「弁護人」として弁護活動を行います。

捜査機関は国家権力という絶対的な権力をもって捜査、取り調べを行います。多くの場合、十分な法律知識がなく、捜査機関から連日取り調べを受け、身柄拘束をされていれば外界と遮断されるなどし、まさに孤立無援の状態となります。そのような中で、ご本人の絶対的な味方として弁護し、また今後の手続や法的知識などの情報提供をするのが弁護士の役目です。

また、ご本人と連絡を取りたくても取れないご親族や関係者の方との橋渡しや情報共有を行います(当然ですが、罪障隠滅に関わる伝言や物品の受け渡し等は絶対にできません)。

逮捕勾留された場合、時にはご本人に「接見禁止」処分が付されることがあります。これは、弁護人(及び弁護人となろうとする者)、すなわち弁護士以外とは誰とも会えなくなるという処分です。この場合にも、弁護士が頻繁に面会(接見)し、適切に情報提供することで、精神的にご本人(及びその関係者)を精神的にサポートします。不適切な身柄拘束であれば、早期開放を図るべく対応します。

被害者のある事件であれば、示談交渉ももちろん行います。

ご親族や関係者が逮捕勾留された方、これからされる可能性のある方等、是非一度当事務所にご相談ください。

3 弁護士費用のめやす

当事務所では、弁護士費用の明確化のため、弁護士費用のめやすをあらかじめ公表しております。

刑事事件に関する弁護士費用はこちらをご参照ください。