削除請求・犯人特定

インターネット上での名誉毀損・業務妨害・風評被害・誹謗中傷・悪口・著作権違反などの違法な書き込みへの対応は,クラース銀座法律事務にお任せ下さい。

ネット掲示板における名誉毀損等は益々多くなっています

インターネット掲示板に名誉毀損や誹謗中傷など違法な書き込みをされてお困りではありませんか?インターネットは誰でもどこからでも見ることができるため,一度書き込まれてしまうと削除しない限り拡散し続けるため被害が大きくなってしまうのが特徴です。

mokuhi.png1  違法な書き込みにより生ずる法律問題

2  弁護士に依頼するメリット

 弁護士費用

                4   (参考)大澤執筆 インターネットによる誹謗中傷への対応 民事法研究会『市民と法 No85』に掲載

 

違法な書き込みにより生ずる法律問題

書き込まれた内容により,民事・刑事上の問題が生じます。例えば,人の社会的評価を低下させるような書き込みであれば名誉毀損,侮辱,会社の業務を妨害するような内容であれば業務妨害行為として,不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)の対象となり得ます。他人の著作物を許可なく掲載すれば著作権侵害に該当することもあります。
また,刑事上も名誉毀損罪(刑法230条),内容によってはわいせつ物頒布罪等(同法175条)などに該当しうるなどの問題も生じます。

削除請求・犯人特定は弁護士にお任せ下さい

被害の拡大を食い止めるためには,削除請求が有効です。また,執拗な書き込みに対しては犯人を特定し,当該犯人に損害賠償請求を行うことも検討されるべきでしょう。

弁護士に依頼するメリット

違法書き込みに対して,埋め立てや逆SEO対策を行うなどの業者もありますが,真の問題解決のためには,ネット関連に精通した弁護士に依頼されることをお勧めします。

  1. 代理人として交渉を行うことができます
    弁護士はお客様の代理人として,プロバイダや犯人等と交渉を行うことができます(他業者では代理行為を行うことはできません)。面倒な手続は弁護士に任せられますので,お客様ご自身で対応する必要がありません。
  2. 裁判所の手続を利用した確実な削除等を行うことできます
    削除請求は,裁判手続を利用せず任意請求で奏功する場合もありますが,2ちゃんねるなど特定の掲示板は,任意での削除請求に対応しないことが多いです。弁護士は裁判所の手続(仮処分等)を利用して,確実に削除することができます。
  3. 書き込み犯人の特定ができます
    執拗に書き込みを繰り返す者など,当該犯人を突き止めた上で損害賠償請求をすることが有効な場合もあります。犯人を特定して損害賠償請求をするためには,いくつかの裁判(仮処分や本案訴訟)を行う必要があります。弁護士は法律の専門家として,これらの手続も全て行うことができます。
  4. 法律の専門家として関連業務にも精通しています
    ネット通販事業主様,システム開発者様など,ネットに直接関連する業務のみならず,他にも法律問題が生じた場合であっても,弁護士であればトータルで解決することが可能です。例えば,書き込みを行っていた者が従業員であった場合には,当該書き込みの削除だけではなく,社内における懲戒・解雇処分等労務の問題が生じます。クラース銀座法律事務所ではこれら問題も含め根本的な解決を図ります。

弁護士費用

当事務所では,お客様にお見積もりを提示し,わかりやすい料金体系をとっています。個別事案により異なりますが,下記は着手金の目安です。法律相談にお越しいただければご相談時にお見積もりをご提示します。その他,詳しくはいつでもお気軽にお問い合わせ下さい(メール・お電話いずれもお問い合わせ可能です)。

着手金の目安

  • 裁判外の請求 1件5万円+税
  • 仮処分命令申立 1件20万円+税
  • 2ちゃんねるに対する削除仮処分申立 1件25万円+税
  • 本案訴訟提起 1件30万円+税

(参考)大澤執筆 インターネットによる誹謗中傷への対応 民事法研究会『市民と法 No85』に掲載

※画像をクリックで記事が読めます

p108-113_01.jpg