著作権侵害

インターネット上での名誉毀損・業務妨害・風評被害・誹謗中傷・悪口・著作権違反などの違法な書き込みへの対応は,クラース銀座法律事務にお任せ下さい。

 

著作物の無断使用

 

 会社で作成した記事・写真・イラスト等が無断で他HPに掲載されている場合は,著作権損害の問題が生じます。

これに対しては,まずは被害が拡大しないよう①差止請求(著作権法112条1項)が考えられます。

請求方法としては任意に通知することはもちろん,裁判手続(仮処分・本案訴訟)でも対応が可能です。

また,①とともに②損害賠償請求(民法709条)も請求することが考えられます。

 

 当事務所では,上記のような著作権侵害への対応もしております。

こちらもタイムチャージ方式又は顧問契約の範囲内で行うことも可能です。

どうぞお気軽にご相談ください。