インタビュー

先生の事務所のメッセージ -----皆様の笑顔のために弁護士ができること、「ほんとうに良い解決とは何なのか」を総合的に判断し、お客様一人ひとりに最適な法的サービスをご提案します。----- に込められた思いについてお教えください。

はい、当事務所にご相談されるお客様は、みなさん色々な悩みを抱えていらっしゃいます。例えば、個人のお客様であれば、離婚、相続、お金のトラブルなど、法人のお客様は、取引先との日々の取引や労務問題などが挙げられます。

法律の問題といっても、お客様をとりまく環境や相手方との関係など、一つとして同じものはありませんので、お客様それぞれに合った解決方法を考える必要があると思います。

法律問題は、まさに人と人との問題であり、相手のある問題です。ですから、機械的に法律を適用すれば簡単に答えが出る、という問題ではないと思います。当事務所は、法律の専門家として質の高い法的サービスをご提供するのはもちろんのこと、お客様の事情や立場を理解した上で、本当にお客様にとって良い解決とは何なのかを判断しご提案するように心がけています。

「弁護士に相談してよかった」とお客様に笑顔になっていただけたら、本当に嬉しいことですね。

ホームページで離婚問題について「女性用入口」と「男性用入口」をわけているのには配慮を感じます。先生は離婚問題に力を入れているとのことですが、何か関係はございますか。

離婚問題は、人生の出来事の中でも特に一大事だと思います。当事務所では離婚問題を多く扱ってきていますが、やはり男性と女性では若干視点が違うように感じています。

今は結婚しても女性が仕事を続けるのが普通ですが、それでも男性側と比べると収入の面で差があったり、家事や育児などはまだまだ女性が行う割合が多いでしょう。出産も女性にしかできない固有の仕事ですね。

離婚となった場合、女性の場合にはその後の生活設計や、お子様の養育をどうされるかを中心にお考えになることが多いでしょう。ご自宅が夫名義でローンも夫側が組んでいることも多いですから、住居を今後どうするかも問題ですね。

他方、男性の場合には、妻よりも比較的収入があることが多いので、別居中は婚姻費用(生活費)、離婚後は財産分与や養育費の支払いを請求される側になることが多いといえます。なるべく事を荒立てたくない、円満・円滑に離婚したいという方も少なくありませんので、妻側とどのような交渉をするかが問題となります。

最近の傾向としては、少子化の影響や男性側も育児に積極的な方が増えたせいか、お子様の親権をめぐる問題や、面会交流が特に問題になることが多くなっています。お子様の養育に関しては男性と女性ではかなり考え方が違うことがあるため、それも軋轢が生ずる原因かもしれません。

このように、女性側と男性側では、離婚に関する視点や求めるものが違ってきますので、それぞれに合わせた形での法的サービスをご提案するようにしています。

先生とお話ししていると街のお医者さんのような印象を受けます。ご自分の中で意識しているようなところはございますか。

そうですね、皆さんもそうだと思いますが、なんだか体調が悪いな?というときには、何時間も待たされるような大病院には行かずに、身近な「町のお医者さん」に行かれることが多いと思います。そのお医者さんに行けばとりあえず何とかなる、何でも相談できるし、よく効く薬を出してくれる、万が一特殊な病気だったら専門病院を紹介してくれて安心だ、というお医者さんだったら最高ですよね。

私もそんなお医者さんのような弁護士になりたいなと思っています。大病院ではないけれど、高い技術を持ち、気さくで話しやすくて、それでいて頼りになるお医者さんですね。

最後にこのホームページを見て御事務所にご依頼しようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。

弁護士はとかく「敷居が高い」「怖そう」「相談しにくい」と言われがちです。当事務所では、そのようなイメージを払拭すべく、お客様目線で使いやすい、相談しやすい事務所作りを目指しています。

また、法律の専門家として、質の高い法的サービスを提供すべく日々研鑽を積んでおります。これからも初心を忘れずに、皆様に「相談してよかった」と言われるよう努力して参ります。

最後に、弁護士に相談するのはトラブルが深刻になってからだ、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、本当はトラブルが起きる前に予防してしまうのが一番望ましいことだと思います。何でも準備が大事ですから、ご相談は是非お早めにされるのをおすすめします。

インタビュー:問題解決できるホームページ(http://www.1980.jp/)