【法律】家事事件手続法の制定

こちらのコラムには、お客様の役に立つちょっとした情報を載せていきたいと思います。

今回は、「家事事件手続法」についてです。

 

家事手続(離婚や遺産分割などです)については、今までは「家事審判法」という法律に基づいて調停や審判が行われていましが、これが廃止されて、あらたに「家事事件手続法」が制定されました。正式には平成25年1月1日から施行されますが、東京家庭裁判所の本庁と立川支部では、既に試験的に手続が導入されています。

 

例えば、これまで調停申立書は相手方に送付されていませんでしたが、現在も一定の書式のものは相手方に最初から送付されています。また、双方当事者が同席することはこれまで成立・不成立段階以外はほとんどありませんでしたが、今後は、支障がなければ毎回の期日の冒頭に双方の立会があります(弁護士がついていても同じです)。

 

次回以降は、新しく制定された家事事件手続法により、手続がどう変わったのかをもう少し詳しくお話したいと思います。