【コラム】自転車の運転に注意!改正道路交通法

 皆様こんにちは。ついに今年も残すところ1ヶ月を切りましたね。

そして,当事務所はちょうど開設1年となりました。

これもひとえに皆様の温かいご支援のおかげです!

これまで以上に頑張りますので,今後もどうぞよろしくお願いします。

 

 さて,今日は改正道路交通法施行による自転車運転の注意点についてお知らせです。

知らないうちに違反すると大変ですので,しっかりチェックしておきましょう。

平成25年12月1日から,改正道路交通法が施行されました。

大きくは以下の3つです。

 

 1)無免許運転等に対する罰則の強化

 2)外国運転免許証制度に関する規定の整備

 3)自転車利用者に関する法の整備

 

この中で,特に気をつけておくべきことは3)の部分ですね。

 自転車が路側帯を通行する場合には,今後は左側の路側帯のみ(左側通行)となります。

右側の路側帯を通行することはできなくなりました。

(法第17条の2第1項,教則第3章第2節1(3)及び指針第2章第2節2(4)イ(オ)b参照)

路側帯の右側通行をした場合には通行区分違反として,3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金となります。

 

 なお,路側帯にも3種類あることをご存じですか?

 一本線(白線)のが普通の路側帯です。一本線の内側に,点線があるものは,駐停車禁止路側帯です。

この2つは自転車が通ることができる路側帯になります。

 他方,二本線の路側帯は歩行者用の路側帯ですので,自転車は通行できません。

意外と知らない方が多いので,気をつけて下さいね。