【法律】離婚原因の一つ「悪意の遺棄」とは

離婚原因の一つ「悪意の遺棄」とは「悪意の遺棄」とは,民法770条1項2号で規定されている具体的な離婚原因です。
 
 一般的な概念としては,「わざと(故意に)夫婦としての生活の断絶をしたり,同居・協力・扶助の義務を履行しないこと」とされています。「遺棄」というと,自ら家出をして相手方を置き去りにすることだけを指すように思えますが,それだけではなく,相手方を自宅から追い出すことや,外形上は同居していても生活費を全く渡さず,配偶者としての扱いをしていない場合には「遺棄」に該当しえます。
 
   但し,合意による別居や,正当な理由による同居拒否は「悪意の遺棄」にあたりませんので,その意味では「悪意の遺棄」は認められにくいと言えます。
 
   上記のとおり「遺棄」を同居・協力・扶助義務の不履行と広く捉えると,普通は民法770条1項5号の抽象的離婚原因である「その他婚姻を継続し難い重大な事由」と重なる範囲が大きくなります。すなわち,通常は5号の問題と考えられる虐待や侮辱,飲酒癖なども,場合によっては「悪意の遺棄」に該当することがあり得ます。
 
   離婚裁判では,「悪意の遺棄」だけが主張されることは多くありません。というのも,離婚事由は色々ですし,最終的には5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」に集約されることが多いからです。
 
  「悪意の遺棄」か否かが問題となった裁判としては,昔の事案ですが,別居中に妻が夫側に生活費を求めたところ,妻自身に婚姻関係の破綻について主たる責任がある場合は夫に対して扶助請求権を主張できないから,夫が妻に生活費を渡さないとしても,それをもって「悪意の遺棄」があったとは言えない,とした判例があります(最高裁S39.9.17)。
 
  離婚したいけれども離婚事由があるかどうか,お悩みの方は一度弁護士に相談されてはいかがでしょうか。