今日は遺言を実際に書くときに考えるべきことを書こうと思います。

【遺言】遺言を書くときに考えること

今日は遺言を実際に書くときに考えるべきことを書こうと思います。

遺言はあったほうがいいと思うけど,何をどうやって書いたらいいのかわからない,というご相談をよく受けます。一般的には以下のような順番で考えてみると書きやすいのかなと思います。

1)自分の財産を列挙してみる

不動産,預貯金,投資信託,車など,まずご自身が持っている財産を書き出してみてください。
できれば,きちんと特定するために,不動産は登記簿謄本,預貯金は銀行名,支店名,預金種類,口座番号を確認,投資信託は口座の通知等,車は車検証を確認してください。

2)誰にどう分けるか考える

次に,その財産を誰にどう分けるべきか考えてみてください。自宅は長男と住んでいるから,長男に遺そうか,家を出た二男には代わりに預金の一部を,孫にも少し遺したい,お世話になったあの人にも・・・など,ご自身が常日頃ぼんやりと考えていたことを形にしてみましょう。

3)できれば遺留分に配慮して

配偶者や子(及び直系尊属)には遺留分という最低限の取り分があります。「長男は私の面倒を全然見ないから,二男に全部相続させる遺言」を書いたとしても,長男が納得しなければ遺留分を巡って争いが生じます。したがって,できれば最低限の取り分程度は最初から相続させる方が穏当でしょう。
なお,兄弟姉妹には遺留分はありません。したがって,兄弟姉妹のみが相続人の場合には,誰か一人に全部相続させても遺留分の心配はありません。

4)遺された人に伝えたいことがあればそれも書く

遺言は最後のメッセージです。遺された家族に最後に伝えたいことがあれば是非書いておきましょう。何でも構いません。法律上制限はありませんので,常日頃思っていること,感謝の言葉など好きなことを書きましょう。

5)公正証書遺言がおすすめ

とりあえず自筆証書遺言でも構いませんが,できれば公正証書遺言にもしておきたいですね。公正証書遺言は検認も不要ですし,改ざんのおそれもありません。公証人という専門家が入ってくれるので安心です。

6)とりあえず3行遺言

色々書きましたが,実際に作るとなると意外と悩ましいことが多いです。もし配偶者がいる方は,その配偶者に簡単な3行遺言をとりあえず書いてもらいましょう。全文自筆+署名押印+日付を忘れずに!
「私の財産を,妻(夫)である●●に,相続させます。 平成●年●月●日 山田太郎 (印)」

これで立派な自筆証書遺言の完成です。

財産の多い・少ないにかかわらず,分け方や書き方で??と思われた方は,是非事前に弁護士に相談してみてください。また,既に遺言を作った方も,書き直しは可能ですので,お気軽にお問い合わせください。