【法律】離婚と改氏

  結婚すると,夫か妻かいずれかの氏になるのはご存じのとおりです。その後,離婚に至った場合には,民法上は婚姻前の氏に復するのですが,離婚後3か月以内に届出をすれば,婚姻時の氏のまま称することができます。

 

   時々問題になるのは,お子さんがいる夫婦で,母親が引き取ることになったけれど,まだ子供が小さい,離婚で母親の旧姓に変わってしまうのはかわいそうだということで,とりあえず夫の氏をそのまま称してきたけれども,子供が大きくなり独立し,はて自分はどうしよう,と改めて考えたときに,離婚した夫の氏のままでは嫌だ,旧姓に戻りたい!となった場合です。

 

   この場合,離婚から既に3か月経過してしまっていますので,家裁の許可を得る必要があるのですが,戸籍法107条1項により「やむを得ない事由」がある場合のみ認められるということになっています。

  この「やむを得ない事由」が果たして認められるのでしょうか?
判例は積極消極と割れていますが,本来は旧姓に戻る(復氏)するのが原則ですから,個人的には比較的緩やかに認めてもよいと思います。
   実際に通称名として旧姓を使っていただとか,実家を継ぐためには旧姓に戻る必要がある場合などは認められやすいでしょう。

   また,1度目の離婚ではそのまま夫の氏を称し,再婚して新しい夫の氏に変わったあと,さらに離婚した場合には,原則的には「離婚前の氏」に戻るのですから,1回目に婚姻した夫の氏に戻るだけです。
  この場合にも,「やむを得ない事情」が認められれば,旧姓へ戻ることも可能です(千葉家庭裁判所平成11年(家)945号)。

 
   いずれにせよ,離婚時に一度氏を決めてしまうと,裁判所の許可がない限り氏を変更することができませんので,離婚時には慎重に決めたいですね。