【離婚】離婚公正証書に基づく強制執行の注意点

離婚の際,養育費や財産分与金の履行確保のため,公正証書を作成することがありますよね。

公正証書作成のタイミングとしては,多くは離婚直前に作成して,作成後に役所に離婚届を出す,という順番になると思います。

 

その後,金銭の支払いが滞ってしまった場合,公正証書に基づいて相手方の財産に差押をします。

 

以前は,差押に際して,特に相手方へのアクションは不要でしたので,相手方に突然差押をかることができていました。

 

しかし,昨今の運用変更により,差押前に「離婚後の戸籍謄本を公証役場から相手方に送達する」手続きが必要になりました。

 

それだけか,と思われるかもしれませんが,実務上は大きな問題です。

というのも,差押が入る前に,公証役場から何らかの通知がくれば,普通相手方は「何かあるんだな」と気が付きますよね。最悪,差押がかからないように預金を下ろしてしまうかもしれません・・・

 

離婚公正証書を作成する意義は勿論ありますが,上記の運用変更で,差押が事実上かかりにくくなったことは否めません。しかも,依頼者の方にはわかりにくい話です。私も実は上記論点に関して神戸の公証人と色々議論をしましたが,現状は解釈上やむを得ないという結論に至っています。