【遺言】全部相続は「遺言+遺留分放棄」が確実


今回も遺言に関するコラムです。

 

先日,こんなお話がありました。

「父が亡くなって相続が発生した。母は既に他界,相続人は子である長男と二男のみ。父は生前,長男である自分に全部を相続させるという遺言を作ってくれたが,その時に二男は「自分は遺産なんていらない,兄貴が全部もらって構わない」と言っていた。しかし,いざ父が亡くなったら,やっぱり財産がほしいと言い出して困っている」


  はい,意外と(?)よくある話ですね。弟さんもお父さんが生きていた頃には本当にいらないと思っていたでしょうが,時間が経てば状況も変わりますからね。

  この場合,法律的には,まずは遺言によって長男であるお兄さんが遺産を全部相続します。
  弟さんが声をあげなければそれで終了ですが,弟さんが自分の最低限の取り分=遺留分がほしいと言い出した場合(遺留分減殺請求といいます)には,法定相続分の半分である4分の1は弟さんのものになります。
 
 お父さんの気持ちとしては,長男に全部相続させたかったのですが,それとは違う結果になってしまいますね。遺産が預貯金であれば話は比較的簡単ですが,長男が実際に住んでいる自宅不動産だったり,自分の経営する会社の株式だったりすると,紛糾する可能性があります。

 では,紛争を未然に防止するためにはどうしたらよかったのでしょうか?

  一つの解決方法としては,最初から遺言の内容を,弟さんの遺留分に配慮した形にしておくことです。すなわち,全財産の4分の3相当を長男にして,4分の1相当を二男にしておけば,遺言どおりに相続して終了です。

  もう一つの解決方法としては,長男に全部相続させる遺言を作るだけではなく,それとセットで,弟さんに協力を求めて「遺留分の放棄」手続をしてもらうことです。
  相続開始前に,相続自体を放棄することは認められていませんが,遺留分を放棄することは可能です。但し,遺留分放棄をする方(二男)が家庭裁判所の許可を得ることが必要ですので,どうしてそのような遺言を作るのか,ご家族できちんと話しをして納得を得ることが大事ですね。これができれば,もし後で二男が翻意して「やっぱり遺産がほしい」と言い出しても,遺留分を請求することはできなくなります。

  とはいえ,遺留分の放棄まではちょっと・・という場合もありますよね。
 そんなときは,法的拘束力はありませんが,遺言に「なぜ長男に全部相続させるのか」という理由をきちんと書いておきましょう。長男にばかり苦労をかけた,二男には十分やってやったからどうか納得してくれ等々。故人の遺思を汲み取って未然に争いを防止できる可能性もあります。

  遺言の内容を色々考えていると,結局は「やっぱり二男にも相応のものを残そうかな」なんて思い直したりもします。
  他にも,将来相続人から遺留分減殺請求が予想されるのであれば,遺言書で遺留分の減殺請求の順序を定めておくという方法で対応することも考えられます。


  いずれにせよ,せっかく遺言を残すのですから,なるべく後々の紛争が起きないよう工夫をしておきたいですね。