【親子】離婚後300日以内に出生した子の扱い

   離婚で一番影響を受けるのはお子様の問題です。

  離婚前(及び離婚後300日以内)に夫以外の子を出産した場合,その子は誰の子として扱われるのでしょうか?

  民法では,「婚姻中に懐胎した子」や,「離婚の解消もしくは取消の日から300日以内に生まれた子」については,いずれも夫(離婚後は前夫)の嫡出子として推定されます(民法772条1項及び2項)。したがって,実際の血縁関係は関係なく,原則として夫(前夫)の子として扱われてしまいます。

   これは,主には生まれてきたお子様に戸籍がないという事態が発生しないよう,子の保護の観点から定められた規定なのですが,前夫の嫡出子のままでは困りますよね。

  そこで,例えば懐胎当時に客観的に前夫の子を懐胎しえない事由(既に別居していただとか,夫が服役中であった等)があれば,前夫を相手として親子関係不存在の訴えにより,前夫の嫡出推定を覆すことができます。

  しかし,上記のような事情がない場合には,前夫から嫡出子否認の訴えをしてもらう必要があります(嫡出子否認の訴えは母(前夫の妻)からはできません)。

  ただ,前夫の協力を求められない場合などもありますから,立法論として早期に解決してほしいところではあります。